大阪府の「テラ不動産法務事務所」は遺産相続に関わる様々な問題にお応えいたします。相続業務はすべてお任せください。

「相続とは家族の絆をより深める為の場」と私たちはとらえます。 その場に関わる専門家として、必ず最善の相続をクリエイトしてまいります。

認知症の母の相続権

父が他界しました。相続人の母は認知症です。相続登記は出来ますか?

相続人が認知症である場合、法的には裁判所に後見人を選任してもらい、その後見人が遺産分割協議に参加すべきということになります。
後見人を選任せず、そのまま遺産分割協議をして相続登記をすると、後日その協議は無効であったと取り扱われる可能性があります。
ただし、選任には時間と手間と費用がかかります。
選任が必要かどうかは、認知症の程度などによって変わります。一度ご相談下さい。