大阪府の「テラ不動産法務事務所」は遺産相続に関わる様々な問題にお応えいたします。相続業務はすべてお任せください。

「相続とは家族の絆をより深める為の場」と私たちはとらえます。 その場に関わる専門家として、必ず最善の相続をクリエイトしてまいります。

遺産分割コンサルテイング・・・遺産分割の方法

相続が発生すると、ご家族にとっては大切な方を失い、しかし悲しみに暮れる間もなく相続の手続が必要になります。

相続税の申告などは期限が定められており、的確でスピーディーな処理が要求されます。また、相続税申告手続きだけでなく相続財産を相続人それぞれの財産とするためには、分割協議書や名義変更の手続きも必要です。
 

相続財産の分割方法には、遺産分割協議によるほか、法定相続による場合、遺言による場合など様々です。 

相続人の間で争いが起きないように、また相続人に公平に遺産を分配するため、法律では法定相続分が定められています。しかし、何が何でもこのルールに従って相続しなければならないわけではなりません。

相続人全員の合意があれば、遺産をどのように分割しても構いません。この具体的な遺産の分け方を相続人全員の話し合いで決めることを遺産分割協議と言います。

 しかし、相続財産の大部分が不動産の場合は、財産価値が分かりずらく、相続人の間で話し合いがつかないケースが少なくありません。

このような場合には、各相続人の意見をまとめる第三者が必要になります。

 

TERRA法務事務所では節税を含めた分割方法の提案はもちろん、相続人お互いのコミュニケーションの架け橋となれるよう心がけています。問題の長期化防止のためにも、是非ご相談下さい。

≪一般的な遺産分割の方法≫

現物分割

「土地は長男に、建物は次男に、預金は妻に、農地は長男と次男が2分の1ずつ共有で」というように、個々の遺産をそのまま分割していくことを、現物分割といいます。

現物分割は、分かりやすく手続きも簡単で、遺産をそのまま残せるというメリットがありますが、遺産を公平に分けるのが難しいというデメリットがあります。

そこで、この現物分割とぜひ組み合わせていきたいのが、次の代償分割という方法です。

代償分割

「土地を長男が取得する代わりに、長男は次男に500万円支払う」というように、ある相続人が遺産を多く取得する代わりに、別の相続人にお金を払うという方法を代償分割といいます。

これにより、遺産を細分化せずにそのまま残せると同時に、遺産を公平に分けることができます。ただし、金銭を支払う相続人に支払い能力がなければ実現が難しいでしょう。

①現物分割も②代償分割も難しい場合、次の換価分割という方法を考えましょう。

換価分割

「土地を3000万で売って、妻が1500万円を、長男と次男が750万円ずつ取得する」というように、遺産を売って、その代金を分配するという方法を換価分割といいます。

これにより、遺産を公平に分割することができますが、現物を処分しなければならず、また、売却に手間と費用と譲渡所得税等の税金がかかるというデメリットもありますので、慎重に考慮しましょう。

 

以上のように、3つの方法をどのようにうまく組み合わせていくかが、遺産分割のポイントになるでしょう。