大阪府の「テラ不動産法務事務所」は遺産相続に関わる様々な問題にお応えいたします。相続業務はすべてお任せください。

「相続とは家族の絆をより深める為の場」と私たちはとらえます。 その場に関わる専門家として、必ず最善の相続をクリエイトしてまいります。

誰が相続人になるのか

相続人特定することは、相続手続きの第一歩です。


民法で規定されている法定相続人以外にも、相続人が存在する場合も珍しいことではありません。
できるだけ早い段階で相続人となるのが誰かを把握することが必要です。

 

民法では、あらかじめ誰が相続人になるのか基本ルールを定めてあります。この民法で定められた相続人のことを法定相続人といいます。
相続を放棄した人や相続権を失った人は、初めから相続人でなかったとされます。

法定相続人の範囲と順位

法定相続人は、公平に相続できるわけではなく、誰が優先的に相続できるかが決められています。 配偶者(妻または夫)は常に相続人です。

上位の順位者がいる時には、下位の順位の血族には相続権はありません。

 

〈法定相続人の範囲〉

  • 血族相続人
      第1順位・・直系卑属(子や孫など)
      第2順位・・直系尊属(父や母など)
      第3順位・・傍系血族(兄弟姉妹・甥・姪など)
  • 配偶者相続人・・・配偶者(夫や妻)

胎児はすでに生まれたものとみなされ相続人となります。
非嫡出子は認知されていれば嫡出子の半分の相続権があります。

代襲相続とは

代襲相続とは、被相続人の子などが相続開始前に死亡したとき、または欠格・廃除によって相続権を失ったときに、その者の子がその者に代わって相続人となることをいいます。

代襲相続の原因は「被相続人の死亡以前に死亡していること」「相続欠格」や「相続廃除」で相続権を失っていることに限られています。
代襲相続人となれる者は被代襲者の子ですが、代襲者は被相続人からも直系卑属で、かつ相続権を失っていないことが必要となります。

 

また、代襲相続の規定は、被相続人の直系卑属には制限なしに認められていますが、兄弟姉妹の場合は1代の代襲に限り認められています。

例えば、子が亡くなった場合は、孫が代襲相続人になります。孫も亡くなった時は曾孫が代襲相続人になります。兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥や姪だけが代襲相続人になります。

相続人を確定するには

 相続人が誰であるかを確定するためには、相続人の漏れがないように全ての戸籍をとって調査しなければなりません。
戸籍は、法令に基づいて新戸籍を編成する場合には、旧法・現行法ともその時点で在籍する者のみを移記するため、すでに除籍された者は新戸籍には記載されません。

そのため、相続人確定の調査をする場合には、死亡時現在の戸籍だけでなく出生時の戸籍から死亡時の戸籍までさかのぼって複数の戸籍をとることが必要となります。 通常はこの段階で両親、子供、配偶者が確認できます。

 

離婚や夫婦の死別があった場合、除籍に子供が見つかったり、認知した婚外子が見つかり、想定していた兄弟への相続権がなくなるなどの思わぬ事態が相続では起こりえるのです。

この段階で入念な調査をしていおかないと、後からすべてがやり直しになってしまいもめることになりかねません。そのため慎重な調査が必要になってきます。

また、その戸籍謄本は、後々の手続きの際も必要となりますので、きちんと入手しておかなければないりません。

 

遺言があり、遺言で財産の受け取る割合を指定された方(この方を包括受遺者と言います)も、相続人とほぼ同じように扱われます。